2012年04月13日

外国人被災者支援シンポジウム「東日本大震災から1年・外国人被災者の『現住所(ヒョンジュソ)』」

外国人被災者支援について、東北ヘルプ主催・東北学院大学ボランティアステーション協力で、
「東日本大震災から1年・外国人被災者の『現住所(ヒョンジュソ)』」と題したシンポジウムを行います。

以下の日時で開催されますので、ご関心のある方はぜひご参加ください。

---------------------------------------



日 時 :2012年4月21日(土) 午後2時から5時30分

会 場 :東北学院大学 土樋キャンパス 押川記念ホール

資料代 :500円(学生無料)

第一部 報告 「外国人被災者の現住所」

報告者

・吉富志津代(大阪大学グローバルコラボレーションセンター/NPO法人FACIL) 「被災者がだれも排除されないために――経験はどのように活かされるのか」

・松岡 洋子(岩手大学国際交流センター) 「『差異』を認める社会を支える言語教育の可能性」 ・李 善 姫(東北大学国際高等研究教育機構) 「東日本大震災における媒介力と外国人女性のエンパワーメント」

第二部 討論 「外国人被災者支援のこれからの課題」

<コーディネーター>鈴木江理子(国士舘大学/移民・ディアスポラ研究会)

<パネラー>・大村 昌枝(宮城県国際化協会)

・菊池 哲佳(仙台国際化協会)

・西上紀江子(国際ボランティアセンター山形)

・郭 基 煥(東北学院大学経済学部共生社会経済学科)

主催:東北ヘルプ・外国人被災者支援プロジェクト実行委員会

協力:東北学院大学災害ボランティアステーション

------------------------------------------

以上です。
よろしくお願いいたします。
posted by admin at 09:24| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: