2012年08月27日

「第二回東北日・韓キリスト者信仰回復聖会」のご案内

120827-1.jpg

このたび、韓国の教会の皆さまから素晴らしいお申し出をいただきました。

主にある兄弟姉妹として、わたしたちを元気付けてくださることを願い、韓国の皆さまが仙台で聖会(キリスト教集会)を開催してくださいます。

それは、「キリスト者の信仰の回復」を願う意味での「リバイバル集会」です。昨年第一回目が行われましたことは、既にホームページで御紹介した通りでした。

ゴスペルコンサートと共に、講師として、住吉英治先生(日本同盟基督教団・勿来福音キリスト教会牧師)、韓国から金鐘勳先生(キム・ジョンフン先生・韓国NCC会長)がメッセージをしてくださいます。

福島の声を韓国へ届け、韓国の祈りを福島に届けることが、この聖会の大きな目的となります。

福島の放射能被害は、本当に息の長い深刻な問題となることが予想されています。信仰が強められること、そして粘り強く祈ることが、必要とされています。来年10月に、釜山において、世界教会協議会定期総会が開催されます。そこまで、祈りの輪をつなげることができればと願って、この企画は練られました。

韓国の主にある兄弟姉妹の篤い思いを、私たちは心から感謝して準備を進めております。

この聖会へ福島からおいでになる方々に、交通費補助として、高速道路利用料金の片道分を負担させて頂きたいと願っております。

ご希望の方は、東北ヘルプ事務局(пF022-263-0520、住所:宮城県仙台市青葉区錦町1−13−6 エマオ2F-D、mail:sendai☆touhokuhelp.com ☆を@マークに変換)へご連絡いただければ幸いに存じます。

今、政治の領域において、韓国と日本との間に確執が起こっています。今こそ、主にある交わりの強さを、私たちは新しく知りたいと願っています。

ご参加を、そして、祈りの支援を賜り、どうぞ、盛会となりますよう、お祈りください。

(2012年8月27日 阿部・川上 記)
posted by admin at 16:48| Comment(0) | お知らせ